top
Event
Menu Profile Stuio Information Event Information Gallery Sevillanas festa Recruitment Menu


2011年春のスペシャル・ライブツアー Un Trocito de Sal 〜ウン・トロシート・デ・サル〜
Un Trocito de Sal
カディスより招いたカンテの名手エミリオ・フロリード、 新世代の星グロリア・ラ・クカ、 これまでのライブで大好評をいただいたディエゴ・ゴメスとルカス 4人のスペイン人アーティストと各地の実力派たちの共演をご覧ください!

◆日時:4月2日(土) 
◆時間:19:00
◆場所:沖縄市民小劇場あしびなー
◆料金:5,500円(全席指定)

カンテ:エミリオ・フロリード、ディエゴ・ゴメス
ギター:ルカス、尾藤大介
バイレ: グロリア・ラ・クカ(予定曲目 シギリージャ) 具志堅真未香(予定曲目 タラント)
富原千智(予定曲目 ティエント) NOBU(予定曲目 アレグリアス)

◆チケット
・ローソンチケット 0570-084-008(Lコード 87117)http://l-tike.com/
・イープラス http://eplus.jp/(ファミリーマートのファミネットでも購入可能)
・富原千智フラメンコスタジオ 098-854-6702
・マンサニージャ 06-6536-6625 http://www.manzanilla.jp/ ticket@manzanilla.jp

◆お問い合わせ:
マンサニージャ http://www.manzanilla.jp/ TEL・FAX:06-6536-6625
富原千智フラメンコスタジオ TEL:098-854-6702

01 CANTE…エミリオ・フロリード
若くしてヘレス、カディス、セビージャを中心にプロ活動を始める。ソロだけでなく、踊り手のバックとしての実力にも定評があり、これまでにルイス・オルテガ、リディア・カベージョ、べレン・マジャ、ラファエラ・カラスコ、ミゲル・アンヘル・エスピノら著名なアーティストと共演。ホセ・メルセのアルバムにも歌い手として参加。ラファエル・アギラールやクリスティーナ・オヨスのカンパニー、マドリッドバレエ団のツアーに参加した他、2010年のサラ・バラスの公演“Esencia”は、スペインだけでなくロンドンでも好評を博した。海外での公演経験も豊富。
01 CANTE…ディエゴ・ゴメス
81年生まれ。15才でカンタオールとしてデビュー。現在はフェルナンド・モレノのフラメンコカンパニー"Sabor Jerez"に所属し、アンダルシアを中心に活動するほか、カサ・パタス、コラル・デ・ラ・モレリアなどのタブラオにも出演。02年、カンテ・デ・ラス・ミナス国際フェスティバルで決勝進出。その後も来日をかさね、好評を博している。09・10年の来日時には3度のCon Sabor a Caiツアーに参加、大好評を得る。
01 GUITARRA…ルカス
地元サンフェルナンドのグループのバックでギターを弾き始め、サラ・バラスやアントニオ・カナーレスの伴奏をするに至る。Maita vende ca(マイタ・ベンデ・カ)のメンバー兼作曲家としてアルバム4枚をリリース。チャノ・ロバート、パストーラ・ソレールなどのバックを務め、現在はドゥカンベのメンバーとしても活躍中。09・10年の来日時には3度のCon Sabor a Caiツアーに参加、大好評を得る。
01

BAILE…グロリア・ラ・クカ
1983年スペイン・アルメリア生まれ。“ライセス・フラメンカス”の一員としてアルメリア各地、モロッコ、フランス、ドイツで公演ツアーに参加。2002年、自身のアカデミー“シネラ・アルマ・フラメンカ”を創設。ファン・アンドレス・マジャ、イバン・バルガス、ロス・ファルーコス、フアナ・アマジャ、ラファエラ・カラスコ、メルセデス・ルイス、ミゲル・バルガス、エル・ピパなどに師事。現在は教授活動のかたわら、多数のライブに出演している。

01 BAILE…具志堅真未香
75年沖縄県出身。沖縄を代表する踊り手である富原千智を母に持つ。00年、02年、04年とのべ2年半に渡り渡西。04年8月、日本フラメンコ協会新人公演にて努力賞を受賞。独自のフラメンコスタイルを確立するため、レッスンに励む日々を送る。現在、沖縄を拠点に全国のライブにも精力的に出演中。毎年、地元沖縄でもライブを主催している。
01 BAILE…富原千智
9才でバレエをはじめ、その後フラメンコに転向。メルチェ・エスメラルダ、パコフェルナンデス、タティー、コンチャ・バルガスに師事。沖縄を代表するバイラオーラ(踊り手)であり、現在、那覇市で富原千智フラメンコスタジオを主宰。後進の指導にも意欲的に取り組んでいる。
01 BAILE…NOBU
広島の短大で美術科を卒業後、04年当時憧れていた『サルバドール・ダリ』の母国であるスペインに絵画遊学。マドリッドでの生活中、体をつかって何かしたいと思いつき、アカデミア『アモール・デ・ディオス』でフラメンコを学びはじめる。その後、より多くのものをみてみたいと思いセビージャに移動。そこで出会ったフラメンコダンサー『トロンボ』に心を打たれ、朝フラメンコを学び、夜は自分の部屋で絵をかく、そんな生活が続いた。スペインでのライブ活動や、個展を行った後、09年帰国。現在広島を中心にフラメンコダンサーとしてまた画家としても活動中。
01

GUITARRA…尾藤大介
学生時代にフラメンコを始め、関西で田中光夫、土橋幸男、東京で鈴木英夫、山崎まさしに師事。その後スペインへ渡り、Felipe Mayaほか現地のギタリストに師事しながら、踊りのスタジオで伴奏を学ぶ。2003年、日本フラメンコ協会第12回新人公演で奨励賞受賞。2006年以降、フラメンコとロックのアーティストが集まったバンド、ROCKAMENCOに参加。現在、フラメンコ、ROCKAMENCO両方で活動中。